若い人の力を活かして、商店街活性化

こんにちは、食・心・育を大切にしているしょこいく建築士の牧野直子です。

商店街では、空店舗が目立って、人通りも少なくなり、活気が失われている商店街があります。シャッター商店街として、問題になっています。

そこをどうやって、活性化していっているか、そんな事例を紹介します。

空き店舗を安く貸し出して、若い人にチャレンジしてもらう

鳩通り商店街

墨田区の鳩通り商店街では、商店街の中に位置するアパートを、チャレンジスポットとして、新規出店を促す仕組みを取り入れています。

商店街がこの施設を直営しています。

一般の家賃だと起業をためらってしまう若い世代にも、起業のチャンスを広めているんです。
そして、若い新しい風が、商店街の中に入ることによって、商店街自身も新旧の交流が増え、若い世代の客層も増え、街の活気も増えてくる、そんな事業です。

空家を利用することで、空家をなくし、活気を取り戻す、という相乗効果があります。

空家のオーナーは、なかなかそういった事業がしずらいですが、商店街自身が、一括で借り上げ、創業支援施設として運営しています。

空き店舗と、若い人の力をつなげていく

活性化に成功した商店街から学ぶ

空き店舗と創業支援をつなげる

このように、空き店舗化が目立ち、問題になっている場を、創業支援などのコンセプトで、救い上げることができれば、商店街にとっても、若い起業家にとっても、お互いメリットがあります。

商店街の活性化、めざしていきたいですね。

The following two tabs change content below.

牧野 直子

一級建築士。 子育て住宅を中心に設計をしています。また、遊びと勉強を融合した勉強と食育の情報発信も行っています。
コメントの入力は終了しました。