ルーフバルコニー、屋上テラスの良さ

こんにちは、牧野直子です。

今日はルーフバルコニーについてです~。

都会のオアシス ルーフバルコニー

ルーフバルコニーとは、屋上に人が出られるようにして、そこを生活の一部となるようにしたものです。

これね、都会の密集地には有効なんです。

だって、普通だったら庭なんて広く取れない。でも、ほら!ルーフバルコニーがあれば、そこが庭になる。

とっても合理的。

周囲の目も気にならない。

ま、そこより高いの別のマンションから覗かれたらあかんけど・・(汗)

日当たりもいい

景色もいい

開放的な外部環境もそろってる。

ルーフバルコニーっていいですよ。

もし、花火大会があってそこから見られたりでもしたら、バッチリ!

ルーフバルコニーを居住スペースとするためには、ウッドデッキを敷いたり、庭園として植栽を植えたりすると、居心地もよくなる。

実はそうすることで、環境的にもいい面がたくさん。一石二鳥なんです。

普通に屋根だとすると、直射日光がダイレクトで当たってしまう。

だから屋根裏を作ったりするわけだよね。

ルーフバルコニーを屋上緑化したり、テラスとしてウッドデッキを敷き詰めたりすると、それが空気層を作って、断熱効果を高めるわけです。

パラソルc

【ルーフバルコニーは都会のオアシス】

屋上緑化するときの注意点。

葉っぱがね、ドレインにつまっちゃうのです。だから、こまめに、掃除する必要がありますね。

屋上がプールになっちゃってるビルを見かけたことがあります。なんだ、あれは!って思うから。ドレインに葉っぱがはさまったまま、立ち上がりまで全部水がたまっちゃうんですよね。でも、それはルーフバルコニーじゃなくて、単なる屋上。

下に住んでいたら、まったく意識が行かない屋上。

それも、ルーフバルコニーにしていたら、詰まりに気が付くので大丈夫ですね。

The following two tabs change content below.

牧野 直子

一級建築士。 子育て住宅を中心に設計をしています。また、遊びと勉強を融合した勉強と食育の情報発信も行っています。