ディスプレイでお客様の想像力を!

こんにちは、店舗活性化プロデューサーの牧野直子です。

今日はお店のディスプレイについてです。
物販店だけでなく、サービス店、飲食店もお店の雰囲気を作り上げるものとして、ディスプレイは力を発揮します。

お店のディスプレイが、あるのとないのとでは大違い
ディスプレイがあると、さみしかったお店が華やぎます

では、どんなディスプレイを作っていけばいいのでしょうか?

ディスプレイはライフスタイルをイメージさせる

ディスプレイを作っていくコツは、
 
このお店で商品を買ったら、ごはんを食べたら、こんなライフスタイルが送れるよ!

ということを教えてあげればいいのです。

シーンをイメージさせるようなディスプレイ

IKEAは、これまでの家具屋さんが、同じ種類の家具ばかりを並べていたところを、生活シーンがイメージしやすいようなディスプレイを展開して成功しています

それを応用して、今まで商品ごとにバラバラに売っていたものを、セットのようにして飾ってみたり、季節感を出してみたり、さまざまな提案ができます。

ディスプレイは、視覚的なPOPです。

ディスプレイ
・関連性のあるものをセットにしてみる
・季節感を出す

ディスプレイの基本は、ちょっと上のライフスタイルを提案することです

ディスプレイは、ちょっと上のライフスタイルを提案する

ディスプレイは、ちょっと上のライフスタイルを提案する

くま
お店の商品をセットにしてディスプレイすればいいくまね

牧野
そうそう!あっ、でも、まったく共通点のないセットはだめよ
それがセットになっていて、ちょっといい生活シーンをイメージしてもらえるか

くま
わかった、やってみるくま

ディスプレイは立体が基本

テーブルにディスプレイしようとしても、何をどうやって飾っていいかわからないかもしれないですよね。

では、もっと細かいディスプレイの方法を説明しましょう。

牧野
お店をディスプレイで華やかせましょう

くま
どうやってディスプレイしたらいいかわからないくま

たとえば、お惣菜のテイクアウト専門店は、お料理がおいしそうに見えるように、ショーケースの中で、真ん中を高く立体的に見せていますよね。

あんな感じで、なるべく立体的に装飾することが、いきいきと商品を見せるコツなんです。

牧野
立体的になるよう考えて飾ればいいんだよ

くま
わかった、やってみるくま

三角形を作るつもりで立体を作る

一番簡単な方法は三角形を作ること
左右非対称の方が、動きが出てきます。

三角形を作るように配置すると決まってくる

三角形を作るように配置すると決まってくる



まとめ ディスプレイは立体を作ること

The following two tabs change content below.

牧野 直子

一級建築士。 子育て住宅を中心に設計をしています。また、遊びと勉強を融合した勉強と食育の情報発信も行っています。