小さいものにこだわると印象が変わってくる

こんにちは、小さなお店を元気にするチアリーダー、一級建築士の牧野直子です。

男性と女性の買い物の違い

男性は目的の商品があると、一直線に目的物を購入する方が多い。

女性は目的の商品はあったとしても、その店に行くまでのウィンドウショッピングを楽しむなど、経過や場の空気も含めて、楽しむ人が多いそうです。

男性はモノを買っていて、女性はモノだけではなく、「買い物」という体験も含め、商品を購入するのです。

そして、どちらが口コミが多いかというと、圧倒的に女性ですよね。

これらを考えると、女性が心地よく買い物できるようにする、そしてそれが出来た場合は、口コミの力もぐんぐん桝ということです。

つまり、商品以外の場の空気が、いかに大切か!ということ。

小さいものにこだわると印象が変わってくる

コストをなるべくかけずに、印象を変えるオススメなのが、「小さいものにこだわる」ということです。

お店の中で、目に付きやすい場所というのは、当然ですが、視界に入る場所です。

壁の高いの方よりも、人の視線の高さ。

遠くの柱よりも、近場のテーブル。

視界に入ってくるところを重点的に変えていくといいんです。

その中でも、効果的なのはどこでしょうか。

それは、人の手にふれやすいところです。

例えば、扉の取っ手

取っ手は、人の手にふれます。

例えば、トイレのドアの取っ手を、こだわりの取っ手に変えてみる。

それだけで、「おっ、この店は、こんなところにまで気を使っているのか!」と感じます。

空間の質の印象までもががらっと変わってきます。

取っ手は、さまざまなデザインのものがたくさん出回っています。

例えば、陶器の取っ手。
青、赤、黄 カラフルな色、そして、いろんな模様の入った取っ手。
他には、ガラスの取っ手。

取っ手を変えるだけで、印象がとても大きくなります。

手に触れるところは、効果が高い

手に触れるところは、効果が高い

あとは、スイッチプレートなど。

スイッチプレートも、木目調のもの、シンプルなシルバーのプレート、陶器制のプレート。
いろいろなものが売られています。

今、あるプラスチックのスイッチプレートをそんな素材のものたちに交換するだけで、おっと思わせるものになります。

特に女性が手に取るものは、感触も無意識に覚えていて、こだわりを持ったものに交換すると、思った以上に、効果が出るんですね。

小さくても効果がバツグンのディスプレイ

ディスプレイでも、目につきやすいところから、考えていきましょう。

例えば、テーブル上の、一輪挿しの花

生花がテーブルにさりげなく飾ってあると、本当に気分がよくなりますよね。

テーブルの上の一輪挿しは、おしゃれ

テーブルの上の一輪挿しは、おしゃれ

あるいは、センスのいいキャンドル

暗くなってきて、照明が落ちてきた時に、素敵なキャンドルがテーブルを照らすととてもロマンチックですよね。

こんなちょっとしたことでも、場の印象はがらっと変わります。

大規模な内装リフォームができない場合、そういった細かな部分のリフォーム やディスプレイをやってみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

牧野 直子

一級建築士。 子育て住宅を中心に設計をしています。また、遊びと勉強を融合した勉強と食育の情報発信も行っています。