楽しく、地域活性化と「食」をかけあわせるイベント

こんにちは、食・心・育を大切にしているしょこいく建築士の牧野直子です。

楽しく、地域活性化と「食」をかけあわせるイベント

食べることは楽しい!

友達とわいわい楽しく、

食べ歩きって楽しいですよね。

地域活性化のイベントで、成功をおさめているものの中に、「バルイベント」があります。

関東では、上野を中心に、「食べないと飲まナイト 」

関西では、伊丹を中心に、「まちなかバル」という企画があります。

これらはどんなイベントかと言うと、

1.参加する飲食店は、オススメする一品とワンドリンクのセットを作る。

2.それらが利用できるチケットが5枚つづりになっていて、参加者はそのチケットを購入する。

3.イベント当日は、参加者は、参加店をはしごしながら、食べ歩き、飲み歩きをする、

そんなベントです。

なかなか知らないお店には入りづらかったりしますが、このイベントだったら、お試しで入店できちゃう。

地図を片手に、次はこの店にしよう!と友達と話ながら、練り歩くんです。

あっ、こんなお店知らなかった、というお店を知るきっかけになりますよね。
しかも楽しい。

飲み歩きイベントは、お客も楽しい!

飲み歩きイベントは、お客も楽しい!

一過性で終わらない工夫

地域活性化のためのイベントって、一過性のものが多かった。
そのイベントの時はにぎわうけど、イベントが終わってしまうと、さみしくなってしまう。

でも、このバルイベントは、一過性で終わらせることなく、「楽しく」「飲食店」を紹介する、ということがうまくできています。

イベントで知った味を、今度はもっとゆっくりちゃんと食べたい!と思ってくれたら、それが参加同機になりますよね。

このイベントは、外の誰かに頼るわけでなく、自分たちで工夫しながら、自分たちの手作りで、魅力をつくっていっています。
だから、次の来店にもつながってくるんです。

バルイベントを開催するには

もしこのイベントをやろう、という場合には、主催者となる人が必要です。
参加してほしい、と一軒一軒、説得していく必要があります。
最初は、参加してくれるお店も少ないかもしれません。

参加店全員で、イベントを盛り上げよう!という気持ちも大切です。
温度差があったら、うまくいきません。

その団結心を作れるかどうか、それがカギだと思います。

もうファンがたくさんついているから、うちは参加しないよ、というお店もあるでしょう。

そんな場合は、無理にお願いしないほうがいいんです。

でも、とっても楽しい雰囲気で、お客さんもたくさん来て、次の成果にもつながってる。

そんな成果を見てもらえれば、うちだって参加したい!って次は思ってもらえるかもしれません。

「ワクワク」「楽しい」を作って巻き込んでいくことが、成功する早道です!

The following two tabs change content below.

牧野 直子

一級建築士。 子育て住宅を中心に設計をしています。また、遊びと勉強を融合した勉強と食育の情報発信も行っています。
コメントの入力は終了しました。