照明で居心地の良さが変わる

こんにちは、食・心・育を大切にしているしょこいく建築士の牧野直子です。

照明で居心地の良さが変わる

蛍光灯の明かりではリラックスできない

日本では、家庭で蛍光灯を使用しますが、ヨーロッパやアメリカでは、暖色の電球が一般的に使われていますよね。

蛍光灯は、主にオフィスや作業場で使用されます。

安らぎを求める空間では、あの青白いあかりは使用しません。

はっきりと色がわかるような場所じゃないといけないお店は、白い光を作りますが、飲食店は、ゆったりくつろぐ、という趣旨なので、蛍光灯は使われないんですね。

自然な「火」の記憶

電球色のように茶色い光がなぜ安らぐかっていうと、それは人間の太古の記憶からでしょう。
「火」の光に似ているんです。
火はゆらゆらと揺れて、それで癒しを作ります。暗い闇の中に、火をともせば、安心するし、心のよりどころになってきました。

そんな火の記憶から来ているんです。

それから「夕陽」。夕陽もロマンティックで落ち着く光。

これは、角度が低いところから差し込みますよね。

壁に向かって、スポットライトを照らすと、壁がところどころに明るくなります。

こんな照明は、夕陽のように、ロマンティックな情景になるんです。

夕陽の光はロマンティック、それを照明にいかす

夕陽の光はロマンティック、それを照明にいかす

日本でよくある、部屋の真ん中から、蛍光灯でひとつだけ真上から照らす照明は、自然の世界ではない光景。

暗いところがあったり、明るいところがあったり、そういったことで、印象がぐんと良くなり、落ち着くようになってきます。

照明を変えることで、居心地がずいぶん変わってきます。

もし、あまり居心地の良くない場所だなと思ったら、照明を足したり、変えたり、工夫してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

牧野 直子

一級建築士。 子育て住宅を中心に設計をしています。また、遊びと勉強を融合した勉強と食育の情報発信も行っています。
コメントの入力は終了しました。