コンセプト商品を作ると、すごい波及効果が!

こんにちは、小さなお店を元気にするチアリーダー、一級建築士の牧野直子です。

コンセプト商品、みなさんのお店にはありますか?

コンセプト商品って

コンセプト商品ってどんなものかと言うと、

高くて誰も買ってくれないかもしれないけれども、そのお店を知ってもらうためにある商品

という感じでしょうか?

京都にある祝儀袋の専門店、水引館というお店があります。そこには、「鳳凰」という54000円の祝儀袋があるんです。

ご祝儀より高いじゃない!という突っ込みが出そうな金額です。

このご祝儀袋は、何色もの水引きを編み上げて、美しい鳳凰の形が作られています。
実に、37本もの水引きを使っているそうです。

一般的な水引はフィルムで色をつける所を、鳳凰は色付きの細糸を一本一本巻きつけています。これが、職人技で、繊細な色、繊細な加工、商品というより、もはや芸術作品。
当然、ご祝儀袋も、最高峰の和紙を使っています。

コンセプト商品は、お店の総結集

コンセプト商品は、その商品によっての売上を期待しているものではありません。

うちのお店は、本気になれば、ここまで作ることが出来ます、とお客様に紹介しているんです。

これがあるだけで、お店の考え方、お店が持っている技術の総意、お店が持っている信念や理想、すべてを伝えて、お店の価値を高めることができる、これが「コンセプト商品」です。

でも、こんな高いご祝儀袋でも、購入する方は当然いらっしゃいます。

そのデザインの美しさ、職人の技術にほれぬいたんでしょうね。価値が伝われば、買ってくれる人もいる、というわけです。

コンセプト商品は、お店の価値を高める!

コンセプト商品は、お店の価値を高める!

100万円の福袋

お正月に、百貨店で、各お店が福袋を出しますよね。
その時に、ニュースで見かけるのが、100万円の福袋です。

100万円の福袋なんて、誰が買うんだろう?って思いませんか?
でも買う人は必ずいるんですよね。

どんな人が買うんでしょうか?
すごい資産家?

確かに、お金がある人じゃないと買えないですが、でも何が入っているかわからないものに、資産家はお金を出しません。

それって、信頼感、期待感だと思うんですよね。

そのお店(百貨店)が提供するものなら、間違いなく、幸せになる。
それが確信できるからこそ、購入する。

そして、購入して、現に幸せになる。

もはや商品を買っているのではなく、その「お店の考え」を買っているとも言えます。

それは、これまで買ったものに、買って後悔したことが一度もなかった、とか、これまで培われたお店との関係性、信頼関係あってのものです。

みなさんには、コンセプト商品がありますか?

お店のことをわかってもらうためにも、お店の価値を高めるためにも、コンセプト商品の存在は大きいです。

私にはコンセプト商品があるか?って

ハイ、あります。
「しょこいくモール」が、私のコンセプト商品です。

ここを作れば、ここに集うお父さん、お母さん、子供たち、おじいちゃん、おばあちゃんみんなが幸せになります。
働く人たちもやりがいを持って働ける、笑顔になります。
出生率もあがり、国民全体が健康になり、お年寄りも若い人たちも、イキイキ。日本社会も幸せになります。
その理想を描き切ったものが、しょこいくモールです。

なおなおが作るものなら、絶対間違いない、そう思ってくれる人が現れたら、その理想のコンセプト商品が売れる日も近いはず。

その時のために、日々発信し、みなさんの成功を応援し、みなさんにとびっきりの幸せを届けます。

The following two tabs change content below.

牧野 直子

一級建築士。 子育て住宅を中心に設計をしています。また、遊びと勉強を融合した勉強と食育の情報発信も行っています。