貸会議室の中にカフェを作っちゃった事例

こんにちは、食・心・育を大切にするしょこいく建築士の牧野直子です。

引き続き、空きビルの活用事例の記事です。

池袋にあるアットオフィスさんに見学に行ってきました。

池袋駅前は貸し会議室

池袋のほぼ駅前のふたつのビルは、貸し会議室。
ワンフロア45坪ほどのビルを、ワンフロア1~3ぐらいに分けて、会議室にしていました。
私が行った時は、平日なのに、ほぼ満室埋まっている状態。

受付前のラウンジ

受付前のラウンジ

ここは狭いタイプの部屋。さまざまな部屋がそろっている。

ここは狭いタイプの部屋。さまざまな部屋がそろっている。

セミナー、企業内の研修などでよく使われるそう。3月4月は特に新人研修が増えるので、利用が増えるとのこと。
私が行った時は、アンケート会場としても利用されていました。
池袋の駅前だからこそ、ビルの入り口で、アンケートの協力をして、部屋にあがって、アンケートを書いてもらう、というものです。
こういう使い方ができるんですね。

部屋を小分けにしていくと、真ん中の方が窓がとれない部屋が出てくる。
そんな場合は、乳白ガラスの窓を廊下側に作り、少しでも開放感を作ったそうです。

建て替えを希望する場合、テナントを順次、定期借家に変えていく手法がよくとられるけれども、定期借家よりも収益があがるケースが多いそうです。

ビルオーナーさんに、貸し会議室のオーナーになり、アットオフィスが運営委託をする場合。
アットオフィスが家賃を払って、運営する場合。それぞれ利益率を変えて、提案をしているそうです。

ビルの6階にカフェを作っちゃった

私が見たいなと思っていたのが、6Fに作ったというカフェ。

用途変更をしないように100㎡以下になるように、区切って、また窓が取れない中央の部分を、カフェにしていました。

全部で、28席。ダクトをつけなくてもできるメニュ。フードは、ホットサンドが3種類と、コーヒーなどのドリンク。

ike07

勉強やミーティングもしやすいカフェ

落ち着いたカフェ

おしゃれな雰囲気

ここはカフェなので、普通にカフェだけできる。落ち着いて仕事をしたり出来そうです。コーヒーチェーンだと、周りがうるさくて、、ということはよくありますからね。

それから、会議室の利用者が、コーヒーを出したい、という要望も、このカフェがピッチャーで会議室にお持ちすることも可能だそうです。

夜などは、カフェをセミナールームとして利用もできる。ここで、ちょっと雰囲気を変えた講演会などやっているそうです。

デジタルサイネージの看板

これがあるだけで、会議室の格があがるような気がする。
ホワイドボードに手書きじゃね、、公民館と同じだもんね。

ちょっと嬉しいかも。

ike05

デジタル看板は、格があがりますね

ありがとうございました。

ありがとうございました。

空きビルの活用事例、大変、面白かったです。ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

牧野 直子

一級建築士。 子育て住宅を中心に設計をしています。また、遊びと勉強を融合した勉強と食育の情報発信も行っています。